読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PM試験 受かった。

最近ついったーしかやってないnizahです、こんちわ。

情報処理試験のプロジェクトマネージャー(PM)受かりました。

受験にあたって買った本は2冊

プロジェクトマネージャ予想問題集〈2011〉 (情報処理技術者試験対策書) プロジェクトマネージャ 予想問題集。 全くもって使えなかった、買わなくていい。説明すんのもめんどくさい。 午後II論文の解答例無いとかちょっと意味わかんないレベル

プロジェクトマネージャ完全教本 2011年版 (情報処理技術者試験)

プロジェクトマネージャ完全教本 (基礎はあったにしても) これだけで受かったと言っても過言ではない。 これは買え。

今年の問題はこちら: 情報処理推進機構:情報処理技術者試験:問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(2011、平成23年)

nizahの場合、応用情報とかテクネ持っているので午前 I は免除 高度一発目でPM受けようって人はあまり居ないだろうから、午前 I は、まぁどうでもいいだろう。

午前 II 、 過去問を見て初見で6割は取れそうな感じだった。 過去問、例題と解説読んだだけ。 PM系の基礎知識があれば、知らなくても雰囲気で解ける感じ。

午後 I 、他の高度試験と似たような形式の記述問題。 「ちゃんと読んで考えれば解答できるだろうけどめんどくさいなぁ」 的なあれ。 これは移動時間とか、寝る前に問題読んで答え考えて解説読むを一通り。 鉛筆でまじめに解いたりはしていない。 全体を見ると「これが聞かれる」的なパターンがあったので、各問題を一生懸命考えてまじめに解くよりも 数をこなしてパターンを把握しておく方が楽かもしれない。 午後 I は(技術知らなくても)現代文が得意な学生なら割と点取れるんじゃないか的な作りなので 個別にネタ自体の内容を掘り下げる時間があったら、午後 II の勉強にまわした方がいいと思う。

午後 II 、最大の難関論文問題。 まず、俺の場合開発系じゃないので、ネタ的にかなり苦しい。 毎年3問出て選択なので、開発ネタじゃなくても何とかなるけど 何が出るか分からないので困る。

これは素直に本に書いてある通りに、ネタ出しをして概要作って作文するというのを 2パターン(進捗管理バージョンと要員管理バージョン) ネタ出しと箇条書き程度は、他のパターンでもやってみた

進捗管理や要員管理ネタは、インフラ系エンジニアの俺でも割と書きやすいんだけど 品質管理や費用管理はちょっと難しい。契約管理もちょっと無理。 3問から選択なので、書けそうなネタが1つはある事を期待しておく。

本では、「鉛筆で」下書きするように強く言っているんだけど 面倒なのでPCで文字数カウントしながら作っただけだった。 結果的に、本試験では漢字出てこなくて表現変えたり、書くスピードが上がらなくてかなり苦労した。 ちゃんと鉛筆で書く練習をしておいた方がいい。

また、そもそも事前に下書きしておかないと、時間内で論文仕上げるのは無理だと思った方がいい。 午前 II、午後 I はサクっと終わって、「退室時間まだ~」状態だったんだけど 午後 II は、下書きして脳内メモリから写すだけ状態だったのに、結構ギリギリまで時間かかって 最後は殴り書き状態だった。

論文の作り方についてはかなり詳しく解説しているので、完全教本はオススメ 秋はPM試験がないから、来年の春向けには 2012年版が出るんじゃないかな。

準備期間は正味2週間くらい(記憶あいまい) 2週間前 平日: 移動中や寝る前に午前 II と 午後 I をパラパラと読む 2週間前 土日: 午後 II の論文の書き方、コツを読む。 1週間前 平日: 午後 II 論文の解答例を読む 前々日  金夜: 論文のネタ出し数本 前日   土曜: 丸一日かけて論文2本 当日   日曜: 試験

1日で2本 論文を書くのはかなりキツかった。 無理がないのは1日1本。 念のため2パターン下書きしておくとすると 2~3週間前で2本書いて、前日はちょっと休んだ方がいい。

いつものパターンで、申し込みの前後で本買うけど 大体、ギリギリになるまで着手しないんですよね

さて、秋の申し込みも始まってるし、何を受けるか考えますか

追記: 今年の本貼っときますね [amazonjs asin="4532407583" locale="JP" title="プロジェクトマネージャ完全教本 2013年版―テキスト&問題集の決定版! (情報処理技術者試験)"]