読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦略的データマネジメント

misc

こんちわ、金曜からこっち体調の悪いnizahです(´Д`)うへぇ 戦略的データマネジメント 企業利益は真のデータ価値にあり (Harvard Business School Press) (ハーバード・ビジネス・セレクション) ごろごろしながらこれ読んだ

データの重要性なんて、エンジニアなら誰だって分かってるけど テクノロジー(データベースとか)ではなく、経営資産という観点でデータの扱いについて説明してる本。 書きたい事がそのまま訳者あとがきに書いてたので引用しよう。

「データは企業の戦略的資産である」という主張は当たり前のように思える。手垢がついていると言ってしまってもよいかもしれない。しかし、この主張に沿ったデータ管理を目指すために、企業が具体的に何をすればよいのかを系統立てて説明できる人は少ないだろう。おそらくデータ管理ほど教科書の世界と現実世界の乖離が著しい分野はないからだ。 (中略) レドマン氏は本書をビジネスマン向けに書いたようだが、エンジニアの方にとっても十分に有用だと思う。特に、データの価値とデータの品質改善の困難さをマネジメント層になかなか理解してもらえず苦慮している現場のエンジニアの方にとっては、問題の本質をマネジメント向けにうまく説明するためのヒントが数多く書かれているだろう。

ビジネスマンではないエンジニアは、それはそれで問題があると思う。

データ管理の責任者がIT部門になってる会社の人は、とりあえず読め。