借金を返すと儲かるのか?

こんちわ、更新頻度にムラのあるnizahです。 借金を返すと儲かるのか? これ読んだ。

12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~ 12歳でもわかる~ の元になった本。12歳の方、レビュースコア高すぎねぇ? と思ったけど こっちの本を先に読んでたらスコア高く付けるね 「借金を返すと儲かるのか?」 ちょっと考えてみなよ、多分あってるし多分間違ってるから。 財務部門以外のフツーの会社員向けの会計入門書。 とはいっても、簿記を勉強しようってのじゃなくて 面倒な勘定科目とかは細かく考えずに 資産、負債、資本(純資産)、費用、利益 の5つだけで会計の仕組みが分かるって話。 (12歳~ の序盤部分を丁寧に書いた。 というか、この本をサッとまとめた上で決算書に焦点を当てたのが12歳~) 分かりやすいんだけどね、序盤読んでるとイラっとするわけですよ。 お前らバカだから簿記わかんねぇだろ? 簿記分かんなくても会計の仕組みが分かるように説明してやるよ みたいな。もちろん著者にそんな悪意はないし、親切なんだけど 天邪鬼なnizahとしてはそういうの逆に嫌なんですよ。 なんつーのかな、ポインタが分からなくても大丈夫ってうたい文句のC言語の本 みたいな? 本質的にはやっぱ必要じゃん。でも読んでる方が付いて来ないから隠してるだけじゃん。 やっぱり、簿記ちゃんと勉強しようと思いながら読んでると、違和感があるわけですよ 「あれ? これ簿記の入門としてスゲー良いんじゃないの?」って 簿記は、大学のときに会計学の講義でやっただけなので 勘定科目覚えて云々つー、真っ当で面白くない勉強しかしてないわけですよ この本を読むと、勘定科目じゃなく、資産とか負債とかいうざっくりした会計ブロックでしか扱ってないのに なんか、すごい、よくわかりますよ? 引当金とか減価償却についても、会計ブロックの考え方でシンプルに説明してて、「あれ? こんな簡単なの?」と思う事しきり 減価償却の自己金融効果とか、会計学の本の解説見ても意味不明なのに 図何枚かで説明してるの見るとすんなり理解できた。 「ポインタ? いいよそんなの。とりあえず配列で遊んどこうぜ」 みたいな感じ。 あれ? 配列分かったらポインタもサックリ分かるんじゃね? というわけで、何だか知らんうちに簿記勉強する基礎が出来た気がする。 簿記やってたときは、納得せずにお約束を覚える事が多すぎて嫌になったんだけど (この勘定科目、逆側じゃねぇの? みたいな) 借金を~ を読んで、感覚で納得できた。 いや、簿記の入門本読んだ事無いから、巷にはそういう分かりやすい本が沢山あるのかもしれないけどね 比べる対象が会計の教科書だから話にならん 久々に、腑に落ちない位良く分かる本を読んだ。