読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12歳でもわかる決算書の読み方

こんちは、飲み会から帰ってきたnizahです。 12歳でもわかる!決算書の読み方~お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門~ これ読んだ

とりあえず、タイトルは大げさ。 12歳の算数知識でも分かる決算書の読み方 くらい。 会社って何? 経費って何? ってレベルだと流石に無理ですよ まぁ、真に受ける人は居ないと思うから別にそれはいいんだけど(猫でもわかるよりはマシだw) うん、分かりやすい。 貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書についてイメージで分かりやすく解説。 ただ、強いて言うなら詳細を考えずに、テトリス/顔の比喩で見通しよく仕組みを解説してる半面 隠蔽されちゃってる部分が気になって若干もやもやする。 本の内容が悪いんじゃなくて、具体的な分析をするには次のステップに進む必要があるものと理解。 国際会計基準についても書いてるけど、バランス的に微妙 いっそ省いてしまった方が内容に一貫性があると思うんだけど 時期的に言及する必要はあるのかなぁみたいな。 というわけで、もうちょっと詳しい本を何か探そうとかと思う前に もう一冊買った同じ著者の本を読む。 借金を返すと儲かるのか? タイトルからして、12歳~の方が入門的かと思ったんだけど あとがきでは、借金を返すと~ の補足的扱いだった決算書の読み方にフォーカスした本らしいんだよね 今、借金を返すと~ をパラパラめくってみたけど、こっち先に読んだ方が良かったかもしれない。 12歳~ で、「良くわかんねぇルールが出てきて、それで分かりやすいって言われてもなぁ……いや、分かりやすいんだけど」って思った 良くわかんねぇルールについて、詳しく書いてるっぽい。 しまった、久々の失敗。 大抵、本読むときは出版年月とかレベルとか確認して読む順番決めるんだけど ここんとこ、経営関係の本適当に色々買ったから、適当に手を付けやすそうな所から読んじゃった。 技術系の本だと勘が働くんだけど、良く分かんない分野だと勘が効かん。 勉強兼ねて、簿記でも取ろうかな 簿記は前々からやろうと思ってたんだけど、若干モチベーションがあがった感じ