読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

耳鼻科に行って来た

仕事休んで病院行って来たNizahです、こんちわ どうにも、耳の詰まった感じがするので上手く掃除出来てないんじゃないかと というわけで一度医者に診てもらおうと思ったら、近所の耳鼻科が休み Σ(゜Д゜)世間様はお盆か つーわけで、適当な耳鼻科を探して行って来た。 診てもらったら、耳垢のつまりではなくて耳管狭窄症であった。 鼻の奥と耳を繋いでる耳管が狭くなる症状らしい そのせいで圧調整とかに支障が出て詰まってる感じがするそうな 鼻と耳にチューブつっこんで空気を通してもらったらサックリ治った まぁ、そんなこんなで予想通り午後から会社行くにしても間に合わない時間になってしまったわけで ちょっと時間潰してから帰ろうっと ……おや? ここは上野近くじゃないですか?

東京国立博物館 とかあるじゃないすか なんか特別展 「対決-巨匠たちの日本美術」 とかやってますよ? 東京国立博物館 特別展 創刊記念『國華』120周年・朝日新聞130周年 特別展「対決-巨匠たちの日本美術」 ……(´ー`) 等伯が良かった。 でも松林図屏風は展示期間終わってた(;´Д`)しまった、もっと早く行くべきだった 永徳はガチムチ過ぎて受け入れがたいなぁとか お上品な長次郎より光悦の方が何となく好きだなとか 雪舟はやっぱ格が違うなぁとか 若冲アバンギャルドwwwww蕭白テラポップwwwww とか、素人なりに楽しめる構成であった 日本美術はあんまし興味なかったので、基礎知識が足りん(美術の教科書+藤田が何か言ってたなーくらい) こういうのは知ってるともっと楽しめるからねー 西洋は、デアゴスティーニ的なものを2シリーズ揃えるくらいは興味有った 暑気あたりしたのか、どうにも頭痛がして来たから一通り見て帰ってきちゃったんだけど 隣の都立美術館じゃフェルメール展やってたんだよね 東京都美術館<企画展> 行く前は、日本美術サラッと見てフェルメール見て帰ってこようと思ってたんだが 実際見ると和物の方がスケールでかくて、若干どうでもよくなった いや、サイズの話じゃないぜ? デカい屏風とか沢山あったんだけど、30cm四方くらい? の雪舟水墨画が一番スケールでかいと思った 本で見ると、サイズが分かんないから実感沸かないんだよね 「雄大で云々」とか書かれても、「そりゃモチーフが広けりゃ雄大になるだろ」とか思ってたわけで 実物を見ると、「このサイズでこれだけの表現力っすか(゚Д゚;)スゲェ」 みたいな いやー、こっちは見ようと思えば実物見られるからいいねぇ 出口抜けるために何気なく通った古代日本展示室にも、教科書に載ってた重文の銅鐸とかフツーに置いてるし 引っ越して1ヶ月あまり、何かと落ち着いてきたし、休日はあちこち回ってみるとしますか。 お土産に、長沢芦雪「虎図襖」のポストカードとマグネット(冷蔵庫とかに貼る奴)を買って帰ってきた 躍動的というよりは、コミカルで可愛い猫に見えるw 家建てたら、虎図襖のレプリカ作りたいなぁとちょっと思ったけど、多分和室なんかつくらねぇな 奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)