読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「いき」の構造

近所の本屋をぶらりとしたら、名著100選なる企画物をやっていた そんで買って来たのがこれ

「いき」の構造 (講談社学術文庫)

岩波文庫で出ているのは知っていたので、いつか読もうと思ってたんだけど

「いき」の構造 他二篇 (岩波文庫)

たまたま講談社学術文庫から出てる注釈付きの物を見つけたので、そっちを買ったのだ

いやぁ、とても面白い。するりとページが進む タイトルに偽り無しの、「いき」の構造である。

「いき」って何よ? と言われても、上手く答えられないだろう あたしゃ「え、えぇと、洒落っ気があってシンプルで天邪鬼で野暮じゃないやつ」くらいにしか答えられんかった # 「いき」じゃないのを野暮というのだ、バカモノ

しかしまぁ、絵を見せられて「AとB,どっちが粋な柄?」とか 「AとB,粋なセリフはどっち?」とか問われりゃ、なんとなくは答えられる

縦縞の着物がいきだとか、鼠色が粋だとか、衿にぬきを作るのが粋だとか そんな事言ってても、「いき」が何だかわかりゃしない

「それらは、『いき』を表現しようとした結果なのであって、どのようなものを『いき』と意識するかを先ず考えなければならない」

と、九鬼っつーおっさんは言ってるわけだ 要するに、形だけ追いかけても「いき」は分からんっつーこったな

と、いう前置きがあって、先ずはいきを意識現象として解釈するわけだ、客観的表現の追及はその後で

じゃあ、いきって何なのよって話が始まるわけだが

第一に、いきは媚態である

え? むしろ逆じゃない? と思うわな、媚びるっつーのは粋の対極にあるような気がする しかし、「いきごと」っつーと、そもそも色事の事なんだそうだ



俺と、お前と、その間に働く力。 っつーのが粋の基本構造、媚態 ここで重要なのは「その間」なんだそうだ、二元的である事が重要なので



こうなると、粋とは言えない。好きにイチャイチャしててくれ

いきは、一元化(くっつく)を目標とする媚態でありながら、二元的可能性(言葉の意味は良く分からんが、間って事だろ)を保つような物でなければならん いきにおいては、一元化はあくまでも仮の目標であるらしい んんー? とイマイチすっきり来ないが、要するに媚態とは逆に、間をキープするような力も働かなきゃいかんと



引力に対する斥力みたいなモンで、意気地が出てくる 「武士は食わねど高楊枝」に表れる、武士道的価値観、道徳観だな 「いきで、いなせで」とは言うものの、いなせ(意気地がある)っつーのはいきの要素なんだな

あれ、この構造どっかで見た事ねぇ?





おぉ、ツンデレと一緒じゃん。 でもツンデレって粋かぁ?

媚態と意気地では、まだいきには程遠い。 何故それがいきにはならないかと言うと、執着があるからだ



いきってモンは、執着を由としない。 執着ってのは、ターゲットに向かう力だと思っておこうか その執着を捨てると、どうなるか




執着しない、ってのは諦め。 ただ諦めるわけじゃなく、仏教的価値観としての諦め。 プチ解脱 「宵越しの銭はもたねぇ」ってのは、浪費が美徳なんじゃなくて 執着しない事が美徳なんだな

ターゲットに向かう力であるところの執着心が諦めに変わるとどうなるかっつーと





これ、「何か」は働くものの、それがターゲットに向かない 斜め上のパンワァ、それが「いき」

斜め上でなきゃならん、真後ろ向いてるのは「いき」とは言えん


本能的媚態、武士道的価値観、仏教的価値観、これらの「粋(すい)」が「いき」なのである

......つーような話を九鬼のおっさんは多分書いてるんだけど、図とかツンデレとか斜め上とかはNizahの超解釈なので、真に受けないように

まぁ、この構造が明らかになると 「え、えぇと、洒落っ気があってシンプルで天邪鬼で野暮じゃないやつ」ってのも、斜め上にずれてる故の洒落っ気、媚態と意気地の二律背反的な天邪鬼としてすんなりと理解が出来る。

しかし、媚態、意気地、諦めの組み合わせってのは面白いな。 媚態が抜けりゃただのひねくれもんだし、意気地が抜けりゃ情けない奴、諦めが抜けりゃツンデレただの真剣(マジ)だ

いきの意識を解釈した後で、上品-下品,地味-派手,渋み-甘み というような価値観を絡めて論じたり 意気-野暮,上品-下品,地味-派手,渋み-甘みを六面体構造として(岩波の方の表紙) さびは、意気渋み上品地味(ryを含む三角柱の中に求められる とか、味は~ 乙は~ きざは~ なんて、日本的価値観(?)をその六面体構造を使って説明したりしてる

よく、キャラクター分析グラフとかレーダーチャートとかあるけど 日本的価値観を使って分析してみるのも面白いかもしれない

まぁ、他にも着物の柄とか色とか建築とかについて色々書いてるんだけど 興味ある人は読んだらいい


いきは斜め上