質問力

声に出して読みたい日本語の斉藤孝先生の本がいつの間にやら文庫になってたので 3冊まとめて買ってきた。

1冊目

質問力 (Nizah blog)

で書いたような、論理的な問題の切り分けではなくて コミュニケーション力としての質問力

如何に相手から情報を引き出すか、って感じですな。

読んでて、目から鱗とか、そうだったのかー 的な感動は無し。 普段からやってるなぁってのばかり。 # 自分で言うのもなんだが、俺は質問力はそれなりにあると思う

ただ、それを色々な切り口から整理してまとめてあるので分かりやすい。 普段は意識して無いけど、そう言われてみれば……みたいな ケーススタディ的に対談とかの実例を引っ張ってたりね # こじつけ臭いのもあるが

内容を一行でまとめると

インタビュアーは事前に勉強しとけゴルァ(゜Д゜)

だったりするんじゃないかという様な気もする、わらい。