Haskell 本

これ買った。


ふつうのHaskellプログラミング ふつうのプログラマのための関数型言語入門

前から出るっつー話があった「ふつうのHaskellプログラミング」 随分出ないんで企画ポシャったのかと思ってた

後、適当にもう一冊
入門Haskell―はじめて学ぶ関数型言語

入門書の類は複数併読しなきゃ信用できない。 いや、これらがそうだとは言ってないよ?

一般的に、入門書は分かり易さの為に若干のうそ大げさ紛らわしいが入ってたり 一部の内容を端折ってたり、著者のレベルが低かったりするから 一冊の内容を鵜呑みにするのは危険。